金峯山神社

奉賛(募金)のお願い
donation

震災復興にむけて

4月16日の未明に発生した熊本地震により、境内建物の被害を受け、今尚復興中でございます。
熊本市内を見守る神社として、一日も早く復興できますようご奉賛のお願いを申し上げます。
どうぞ皆様のお力添えをよろしくお願い申し上げます。

▼ 完成予想図

一般寄附について

①ゆうちょ銀行

  郵便振替用紙の利用の場合 (専用の振込用紙を準備しています。住所、氏名を御記入ください。)(振込料が不要です。)

店名 一七九(イチナナキュウ)店
店番 179
預金種目 当座
普通預金 0147558
口座番号 01700-0-147558
口座名義人 金峯山神社

専用の振込用紙を用意していますので、関係者にご連絡いただければ、振込用紙がお手元に届く様手配いたします。又、金峰山山頂(松元竹工房)、峠の茶屋(吉本商店)、観光農園(優峰園)、横道ラ-メンに於いていますので、御利用してください。

②現金での奉賛

当神社神職、総代等が直接お伺いします(氏子地域並に熊本市内、金峰山近郊の市町村)

募集法人名:宗教法人 金峯山神社
責任者名:代表役員宮司 井上宣道
所在地:熊本市西区河内町岳1881番地
連絡先:TEL 096-273-6181(FAX)096-273-6678
担当者:原口 環(080-1784-9756)
URL:http://kinpouzan.jp

指定寄附

金峯山神社本殿・拝殿復興ご奉賛のお願い

謹啓 当神社は熊本県立自然公園金峰山頂上に鎮座し、天長9(832)年、淳和天皇が奈良の金峯山蔵王権現を勧請して以来約1200年の歴史を有し、現在は熊本県民憩いの山の護り神、又地元河内町岳地区の氏神様として広く崇敬を集めております。
平成28年、熊本地震が発生し、熊本地方は甚大な被害を受けました。当神社に於いても本殿は基礎から北側に大きくずれ、拝殿は支えとなる梁二本、窓の崩落他建物全体がねじれ、震災直後は崩壊の危険があるため拝殿での参拝を一時制限、現在は応急処置にて参拝者を受け入れておりますが、老朽化も伴い、危険な状況であります。
当神社では現状を鑑み、本殿、拝殿を復興すべく準備を進め、平成30年6月14日、指定寄附金制度適用の承認を受け、氏子崇敬者をはじめ、広く法人、個人の皆様のご奉賛により復興を成し遂げたく務めて参ります。熊本全体が震災復興の途上、誠に恐縮に存じますが、何卒ご奉賛賜りますようお願い申し上げます。

平成30年6月吉日 金峯山神社 宮司 井上宣道 謹白

工事内容

倒壊寸前の本殿、拝殿の復旧 ①解体工事 ②再建工事

事業費予算(概算)

総工事費 95,032,000円

指定寄附金の目標額

目標額:85,000,000円

10,032,000円は、自己資金を充当します。

寄附金募集期間

平成30年6月14日~令和2年11月30日

指定寄附金制度について

優遇措置の内容

個人の場合・・・所得金額の40%又は寄附金額のいずれか少ない方の金額から2000円を控除した金額が所得から控除されます。

法人の場合・・・寄附金の全額を損金に算入できます。

    

指定寄附金手続きの流れ

     ①ご寄附いただける方は、下記連絡先まで 連絡ください。
     ②振込先銀行の振込資料を、お送りいたします。
     ③金融機関より、お振込みをお願いします。
      振込手数料が、発生した場合は、ご負担願います。
     ④お振込みを確認します。振込が確認できましたら、確認書(写し)寄附受領書を発行、
      発送いたします。振込後、日にちが掛りますので、ご了承下さい。
    

募集法人名:宗教法人 金峯山神社
責任者名:代表役員宮司 井上宣道
所在地:熊本市西区河内町岳1881番地
連絡先:TEL 096-273-6181(FAX)096-273-6678
担当者:原口 環(080-1784-9756)
URL:http://kinpouzan.jp

奉賛(募金)のお願い